「出口調査」の場合、レジを通過したお客様を調査の対象としますが、「店頭面接調査」では、買物客がその製品を買物カゴに入れた瞬間にその場でヒアリングを行うため、購入決定までにどのような行動をとり、どんな情報を参考にしているのか、意思決定のプロセスを明確にすることができます。相手の反応を確かめながら調査できるので、曖昧な点や質問の意味などをきちんと理解した上で、回答してもらうことができます。