「ネット調査(インターネット調査)」の場合、短期間にまとまった数の調査結果を得ることができますが、設定した質問への回答しか得られないため、細かなニュアンスや回答者の真意は把握できません。
一方で、例えば「買物客」を対象としたヒアリング調査(店頭面接調査)では、お店を実際に利用しているショッパーに、実際の店頭で、ショッパーご自身の言葉で、ご意見が伺えます。

また、「売場」を対象とした調査(店頭状況調査)では、ショッパーとの接点である実際の売場の姿を正確に調査できます。

そうすることで、サンプル数は少なくなりますが、実態を反映したより深い調査結果が得られます。
調査方法によってそれぞれ得手・不得手、メリット・デメリットがございますので、どのような課題をおもちなのか、まずはお気軽にご相談ください。